第六回シンポジウムのお知らせ

第六回のシンポジウムの詳細が決まりましたのでお知らせいたします。

早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所第六回シンポジウム
共催:早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ
共催:早稲田大学人文科学研究センター・研究部門「ヨーロッパ基層文化の学際的研究」

日時:2015年9月19日(土)14時~18時
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館2階2219教室(美術史実習室)

タイトル:「中世ヨーロッパの写本とキリスト教文化」

司会:甚野尚志(早稲田大学教授)

報告(1)瀧口美香(明治大学准教授)
「旧約聖書写本挿絵-預言書と八大書写本を中心に」

報告(2)西間木真(早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所招聘研究員) 「「中世ラテン語 « remicha » をめぐって」

報告(3)三浦清美(電気通信大学教授)
「ナジアンゾスのグレゴリオスはどう受容されたか-中世ロシア写本にお けるテクストの継承と変容」

コメント:益田朋幸(早稲田大学教授)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

チラシ掲示にご協力くださる方は以下よりダウンロードしてお使いください。
チラシ(A4,PDFファイル)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード