第十五回研究会報告および報告要旨

去る4月19日(土)に当研究所の第十五回研究会が開催されました。
今回は早稲田大学高等研究所2014年度 セミナーシリーズ【新しい世界史像の可能性】
(第19回) ~中近世キリスト教世界の多元性とグローバルヒストリーへの資格⑤~との共催となりました。
プログラムは以下の通りです。

なお、報告者のお名前より要旨記事にリンクを張っております。()内はPDF版です。

「奇跡、図像、上演―15世紀フィレンツェの聖史劇」
杉山博昭(早稲田大学高等研究所 助教)
(PDF版















「アルヌール・グレバン作『受難の聖史劇』諸写本におけるテクストの異同:G写本およびH写本の例」
黒岩卓 (東北大学大学院文学研究科准教授)
(PDF版)










中世ヨーロッパの聖史劇について、台本のテクストと上演という観点から、それぞれに精緻なご報告をいただきました。
詳細な内容には各報告要旨をご覧ください。


盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも
付して感謝申し上げます。



お運びくださった皆様、ありがとうございました。
次回研究会は7月5日(土)となります。詳細が決まりましたらご連絡いたします。

(文責:鈴木)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード