第一回シンポジウム報告要旨

第一回シンポジウムの報告要旨を掲載いたします。
それぞれのお名前から別ウィンドウが開きます。

全体のテーマ:「中世の時間意識」

報告 

辻 成史
(大阪大学名誉教授)
「語られる時間から内的表象の時間に」

佐野みどり
(学習院大学教授)
「二重の時間、二重の空間―中世掛幅縁起絵の構造―」

堀越宏一
(東洋大学教授)
「中世ヨーロッパの写本挿絵における時代表現と写実性」

全体の総括は こちらの記事になります。
この場をお借りして、ご協力くださいました報告者の方々に改めてお礼申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード