第七回シンポジウムの報告および報告要旨

去る9月17日(土)に早稲田大学において当研究所の第七回シンポジウムが開催されました。
文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業との共催でした。

全体のテーマ:「中世・ルネサンス期のイタリア政治思想への新しい視角」
New Perspectives on the Political Thought of Medieval and Renaissance Italy

プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。

司会・趣旨説明 甚野尚志(早稲田大学)



報告(1)
テオドロ・カティニス(Prof. Dr.Teodoro Katinis,ヴェネツィア大学、現ゲント大学)報告要旨
“Platonism and Its Enemies in the Political Philosophy of the Italian Renaissance”

報告(2)
石黒盛久(金沢大学)報告要旨
“From Machiavelli to Botero― La ragion di Stato(1589) and Principal Characters of Italian Political Philosophy in the late 16th Century”

コメント(1)根占献一(学習院女子大学)
コメント(2)皆川卓(山梨大学)

報告(1)
カティニス氏はイタリア・ルネサンス期の政治哲学における新プラトン主義の役割に関し、マルシリオ・フィチーノ(1433-99)のプラトンの対話に関する翻訳・註釈作品の政治的な側面に着目された。とりわけ、古代よりプラトン主義と対立関係にありながらも研究のなされていないソフィストらが再度取り上げられている点を中心に分析された。さらに、同氏は人文主義者スペローネ・スペローニ(1500-88)の3点の作品に見られるソフィスト的な修辞法を再評価し、ソフィストらが都市の利益と市民生活や政治おいて良い修辞学者とみなされていたとする。同氏は、政治哲学の歴史におけるプラトン主義とソフィストとの絶え間ない抗争、それゆえに分かち難く結びついた両者の関係に新たな光を投じたといえる。


報告(2)
石黒氏はボテーロの「国家理性」観をマキアヴェッリのそれと比較した。マキアヴェッリは無秩序から秩序を打ち立てる君主の「力量」に着目し、このような無秩序を通常の状態とみなして、「用意周到」であること以上に「果断」であることを強調した。これに対してボテーロは、世襲君主が無秩序に対して対抗しうる方法に着目した。ボテーロはマキアヴェッリの「狡知」をめぐる思想を批判し、逆に、「思慮」と「誠実」を利益追求における法―倫理的限度とみなした。発表者の結論によれば、ボテーロの「国家理性」は、主権国家の確立に専心したハプスブルクのヘゲモニーの外にある諸国家おいてよりもむしろ、イタリアの中規模国家においてこそ受け入れられたのだった。



その後、根占献一氏と皆川卓氏によりコメントをいただき、参加者からの質疑応答を交えたディスカッションとなりました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:毛塚 鈴木)


The report of the Seventh Symposium of the Institute for European Medieval and Renaissance Studies (IEMRS)
The Seventh Symposium of IEMRS was held on September 17, 2016, at Waseda University.
It was co-hosted by "MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities"of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

The main theme was:New Perspectives on the Political Thought of Medieval and Renaissance Italy

We had two guest's presentation and two commemtators.
The program was as follows:
Opening Address:
Prof. Jinno Tadashi (Waseda University, the president of IEMRS,the chairman)

Research Report1:
Prof. Dr. Teodoro Katinis (Ghent University)summary
“Platonism and Its Enemies in the Political Philosophy of the Italian Renaissance”

Research Report2:
Prof. Morihisa Ishiguro (Kanazawa University)summary
“From Machiavelli to Botero― La ragion di Stato(1589) and Principal Characters of Italian Political Philosophy in the late 16th Century”

Commentators:
Prof. Keninchi Nejime (Gakushuin Women's College)
Prof. Taku Minagawa (Yamanashi University)

Discussion


Prof. Dr. Katinis focused on the role of the Platonism in the political philosophy of the Italian Renaissance, especially, the political Platonism of Marsilio Ficino(1433-99) and his works on Plato’s dialogues, where the rebirth of ancient sophists was found. The sophists were the enemies of Platonism, yet their study has been overlooked. Ficino’s works were to be examined with particular attention to the political aspects. Moreover, the three works of Sperone Speroni(1500-88) were analyzed as a reevaluation of sophistic rhetorics, in which he claimed that sophists served the city’s interests as good rhetoricians in civil and political life. Prof. Dr. Katinis threw the new light on the consistent conflict, therefore inseparably connected relationship, between the Platonism and sophistry in the history of political philosophy.

Prof. Ishiguro compared Botero’s view of “Ragion di Stato” with Machiavelli’s. Machiavelli paid attention to the prince’s “virtù (virtue)” to establish the order from the disorder. He considered such disorder as the normal condition and emphasized the necessity for being more impetuoso (impetuous) than rispettivo (respective or careful). On the other hand, Botero paid attention to the way in which the hereditary monarch could fight against the disorder. He accused Machiavelli’s idea of astuto (cunning). In contrary, he considered prudenza (prudence) and onesto as the legal-ethical limit in case of seeking interests. By the presenter’s conclusion, Botero’s “Ragion di Stato” was accepted in the Italian middle states, rather than in the states outside the Hapsburg hegemony which concentrated on the establishment of the sovereign state.




Before the discussion, we received two valuable comments from Prof.Keninchi Nejime and Prof.Taku Minagawa.

We are grateful that we were able to exchange very productive discussions.
We would like to sincerely thank all of you.



(Mieko Kezuka, Yoshiharu Suzuki)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード