第十九回研究会のお知らせ

次回の第十九回研究会の報告者タイトルが決まりましたので、お知らせいたします。

第十九回研究会
日時:2015年6月27日(土)14時~17時半
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館2階2219教室(美術史実習室)
報告:

「「復古」と「一なる教会・一なるキリスト」:12世紀キリキア・アルメニアにおける教会合同をめぐる言説と歴史意識」
浜田華練(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)

「アヴィニョン・ナポリ・プラハの宮廷写本(1320-70年頃)―国際的ゴシック様式の形成に関する寄与―」
大野松彦(東京藝術大学大学院専門研究員)

皆様のご参加をお待ちしております。

追記:チラシを作成いたしましたので、配布、掲示にご協力いただける方は以下よりダウンロードしてお使いください。
どうぞよろしくお願いいたします。
簡易チラシ(A4,PDFファイル)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード