第十七回研究会のお知らせ

先日はおかげさまで無事にシンポジウムを終了いたしました。
大変に盛況で、活発な議論が交わされましたことをまずはご報告いたします。
要旨や写真などは後日、更新いたします。

さて次会、第十七回研究会のお知らせをいたします。
早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉との共催となります。

11月8日(土) 14:00-17:30 早稲田大学戸山キャンパス39号館第7会議室
司会 甚野 尚志(早稲田大学文学学術院教授)
報告:

深田麻里亜(日本学術振興会特別研究員)
「「コンスタンティヌスの間」における教皇クレメンス7世の肖像と標章」

渡邉裕一(日本学術振興会特別研究員)
「森林、河川、紛争解決―帝国都市アウクスブルクの史料から」

なお、資料代として200円程度をいただいております。
ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

**チラシ掲示にご協力くださる方は以下よりダウンロードしてお使いください。
チラシ(A4,PDFファイル)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード