第五回シンポジウムのお知らせ

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第5回シンポジウム
「宗教の衝突、和解と融合:その歴史的・美術史的考察
―スペイン、ラテンアメリカ、日本の各視座から―


 古来、人々はつねに異なる民族や宗教のあいだで衝突と抗争を繰り返し、それを乗り越えて和解と融合を試みながらも、再びまた、同じ道を愚かにも辿ってきているようです。
 いまさらという感じもいたしますが、あらためてこのテーマをシンポジウムにおいて取り上げ、そうした対立や葛藤がどのようなプロセスを経て克服され、さらに新たな変容を遂げ得たのか、いくつかの事例を題材にして歴史学と美術史の双方から再考する場を提供できればと考えて企画いたしました。共通軸はカトリック信仰をめぐっての衝突から和解へ、ということでしょうか。
 奮ってご参集くださり、会場からも様々なご意見を頂戴できますことを願っています。

日時 2014年9月27日(土)14時00分より
場所 早稲田大学文学学術院 早稲田大学戸山キャンパス39号館2階2219教室(美術史実習室)
主催 早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
共催 早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉
スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会

プログラム(14:00開始~18:00終了)
14:00
開会の辞 甚野尚志 (早稲田大学文学学術院教授)ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 所長

趣旨説明 大髙保二郎 (早稲田大学文学学術院教授) 「衝突と融合による美術的な変貌」
14:30
研究報告1 関 哲行 (流通経済大学社会学部教授)
        「中近世スペインにおける三つの一神教の対立と共存」

研究報告2 岡田裕成 (大阪大学文学研究科教授)
        「聖母、征服者、先住民首長―アンデスにおける聖像受容の政治学」

研究報告3 児嶋由枝(上智大学文学部准教授)
        「西欧カトリック改革美術とキリシタン美術―聖像の受容と変容をめぐって」

討論及び総括:司会進行 益田朋幸 (早稲田大学文学学術院教授)

**早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉およびスペイン・ラテンアメリカ美術史研究会との共催となります。チラシ掲示にご協力くださる方は、以下よりダウンロードしてお使いください。**
チラシ(A4,PDFファイル)

プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード