第三回シンポジウムの報告要旨

第三回シンポジウムの報告要旨を掲載いたします。
報告者のお名前にリンクを張っております。()内はPDF版です。

大月 康弘(一橋大学経済学研究科教授)
「中世キリスト教世界におけるローマ理念の再生─9~10世紀の国際関係から─」
(PDF版)


児嶋 由枝(上智大学文学部准教授)
「イタリア中世後期美術における神聖ローマ皇帝図像─フィデンツァとバルレッタの例─」
(PDF版)
 

加藤 守通(上智大学総合人間科学部教授)
「レオナルド・ブルーニによるキケロの再発見」
(PDF版)

全体の総括はこちらになります。
この場をお借りして、ご協力くださいました報告者の方々に改めてお礼申し上げます。
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード