研究会要旨掲載のお知らせ(第三回研究会)

第三回の研究会の報告者の要旨を掲載いたしました。
それぞれのお名前から別ウィンドウが開きます。

第一部:西欧の神秘主義

    細田あや子(新潟大学)
    「ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの救済論―ヴィルトゥテスのモティーフを中心に―」

    村上 寛(早稲田大学大学院博士課程)
     「自由心霊派とマルグリット・ポレート」

第二部:ビザンティン・ロシアの異端
    
    草生久嗣
     「ビザンツの「神秘思想」と「異端」:コンスタンティン・クリュソマルロスの事例(1140)を題材に」
    
    三浦清美(電気通信大)
     「中世ロシア異端の系譜と古儀式派」

全体の総括は こちらの記事になります。


この場をお借りして、ご協力くださいました報告者の方々に改めてお礼申し上げます。


次回は6月12日第四回の研究会です。皆様の参加をお待ちしております。
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード