第二十五回研究会の報告および報告要旨

去る2018年5月12日に早稲田大学において、当研究所の第二十五回研究会が開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。





プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

全体のテーマ
「中世スペインの王権と宗教的マイノリティー」

報告者
久米 順子(東京外国語大学 准教授)報告要旨(pdf)

タイトル
「カトリック王と宗教的マイノリティ集団:写本挿絵にみるカスティーリャ王国アルフォンソ10世とその宮廷」

コメンテーター
黒田祐我(神奈川大学准教授)

久米氏は、13世紀のカスティーリャ王アルフォンソ10世が制作させた写本挿絵に、宗教的マイノリティ集団(ムスリムとユダヤ)がどのように描かれているかを考察された。多数の挿絵を含む《聖母マリア詞華集》においては、ムスリムは裏切り者として、ユダヤ教徒は不信心者として描かれることが多いが、キリスト教徒にとって「よき」異教徒も現れる。ムスリムの王の扱いは、キリスト教諸国の王と同列である。異教徒同士がゲームに興じる挿絵で著名な《チェス、さいころ、盤上ゲームの書》写本においては、実際にゲームで対峙するのは同一のグループに属する者同士が多く、勝負は社会的なヒエラルキーに従いがちであることがわかる。ムスリムやユダヤ教徒の容貌と装いは多様だが、ターバンや帽子、髭や靴などがキリスト教徒とは異なる傾向がある。 彼ら宗教的マイノリティ集団の多彩な描写にはアルフォンソ10世の宮廷の現実と宗教的イデオロギーが同時に反映されていることが明らかである。




この報告に対し、黒田氏よりコメントが出された。黒田氏は、アルフォンソ10世の治世期におけるカスティーリャ王国社会を概観するにあたって、王国の再編成と北アフリカへの拡大を実施した初期、神聖ローマ皇帝への立候補を目論んた中期、そして王国の内戦に翻弄された後期という三時期に分割して考察することの重要性を強調された。そして、王の対ムスリム政策には現実的な側面もあり、辺境(フロンティア)の国王として教会や教皇庁の理念とは一線を画していることを指摘された。

報告後、会場からの質問を交えたディスカッションが行われました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:鈴木・毛塚)

第二十四回研究会の報告および報告要旨

去る2018年1月20日に早稲田大学において、当研究所の第二十四回研究会が開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。






プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

全体のテーマ 「モノをめぐる歴史のこれまでとこれから」

報告(1)菅原裕文(金沢大学准教授)報告要旨(pdf)
「カッパドキア研究の現在と展望
―美術史研究におけるヴァーチャル・リアリティーの可能性― 」

報告(2)黒田祐我(神奈川大学准教授)報告要旨(pdf)
「中世と近現代との「対話」
―アンダルス(イスラーム・スペイン)の遺したモノをめぐる議論のゆくえ―」


菅原氏は、中世のビザンティン美術の貴重な足跡をたどることができるカッパドキアの聖堂作例を紹介し、丁寧に先行研究を追うとともに、聖堂の制作年代の客観的な測定方法をはじめとした緒問題を指摘した。これらに対し、菅原氏のヴァーチャル・リアリティ・モデルを使用した新たな研究方法では、一次資料を客観的かつ詳細な三次元データとして精査することができ、建築史、美術史、考古学と多角的な研究が初めて可能になることを具体的な作例とともに示された。



黒田氏は、現代のスペインにおける中世スペインの歴史認識をめぐって、イスラームの遺構を抱えるアンダルスがどのように解釈されてきたか、近現代、とくに19世紀に誕生した三つの「神話」を軸に紹介された。アンダルスは異質なものとして、征服する他者として、寛容と先進文化の象徴として、さまざまな側面で取り込まれてきた。それらの認識の変遷を丁寧に分析し、現在の歴史学研究の動向を紹介しながら、今後の歴史認識の展開の可能性について指摘された。





報告後、会場からの質問を交えたディスカッションが行われました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:毛塚)

第八回シンポジウムの報告および報告要旨

去る2017年9月30日(土)に早稲田大学において、当研究所の第八回シンポジウムが開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。




プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

共通のテーマ「宗教改革期の図像」

報告1
高津 秀之(東京経済大学経済学部専任講師)報告要旨(pdf)
「100年後の「アウクスブルクの信仰告白」―1630年の宗教改革のプロパガンダ―」

報告2
冬木 ひろみ(早稲田大学文学学術院教授) 報告要旨(pdf)
「16世紀後半から17世紀のイギリスにおける宗教とエンブレムの関係」

報告3
松原 典子(上智大学外国語学部教授)報告要旨(pdf)
「対抗宗教改革期のスペインにおける宗教図像
―宮廷説教師パラビシーノと宗教画における裸体描写をめぐって―」



高津氏は、1530年アウクスブルク信仰告白から100年を記念し、1630年にドイツを中心に出版されたビラの挿絵を詳細に分析された。ビラの版画は、皇帝カール五世が信仰告白する場面などを描き、プロテスタントとカトリックの併存体制を保護する穏健な内容と、プロテスタントを擁するスウェーデン王グスタフ・アドルフがカトリック側に対峙する騎士として描かれるなど戦いのイメージが強調される内容とに細かく分けられることを指摘された。





冬木氏は、16世紀後半から17世紀のイギリスで出版されたエンブレムを分析され、宗教的な図像と世俗的な図像の割合、文字部分の重要性を検討された。エンブレムには、伝統的なキリスト教図像、プロテスタント側の反カトリックの図像、ジェイムズ1世の王権を称揚したもの、さらには同時代のイエズス会からの絵画的イメージなど多岐にわたる影響関係が反映されている。これらのイメージは同時代の詩や劇でも言及され、イギリスにおける図像と言葉と結びつきの強さが改めて指摘された。





松原氏は、16世紀後半からの対抗宗教改革期スペインの美術、とりわけ宗教画の禁欲性に関して、1563年のトリエント公会議で決定された「聖像に関する教令」とその影響を、関連史料を多数挙げながら詳細に検討された。なかでも、厳格な説教で知られる宮廷説教師パラビシーノ(1580-1633)の聖像の裸体描写に対する批判的な言説と、王室や貴族らの絵画コレクションの裸体描写に対する見方が道徳的側面から厳格化された時期が符合することから、両者の関連性や共通の背景の存在の可能性をを指摘された。




報告後、会場からの質問を交えたディスカッションが行われました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。



(文責:毛塚)

第二十二回研究会の報告および報告要旨

去る2016年11月5日(土)に早稲田大学において当研究所の第二十二回研究会が開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。

プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

共通のテーマ「知の集積、発信拠点としての近世スイス」

報告(1)
雪嶋宏一(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)報告要旨(pdf)
「書誌学の源泉、コンラート・ゲスナー『万有書誌』」

報告(2)
パトリック・ シュウェマー(上智大学・学振研究員PD)報告要旨(pdf)
「ツヴィングリの和訳聖書」







雪嶋氏はコンラート・ゲスナー(1516-1565)の代表的な著作『万有書誌』(1545)を詳細に分析された。同書の項目や著者名数を改めて細かく算出され、図書館の蔵書目録との関連性をも指摘された。同氏はまた、版の比較から従来の増補訂正に加えて新たな差替え箇所を発見された。古今東西、多岐にわたる分野の著者情報がヨーロッパ各地の図書館から集められたが、その情報源はトリテミウス(1462-1516)の著者目録(1494、1531)や16世紀の印刷業者マヌーツィオらの印刷版売書目録(1534)など、同時代の著者や印刷業者にも及んだ。ゲスナーは同書において、中世的な著者中心の目録から、著作を主体とする印刷本の書誌記述要素を確立し、近代書誌学の礎を生み出したと結論される。




シュウェマー氏はヴァチカン図書館所蔵のバレト写本(Reg.lat.459)の福音書朗読集の邦訳された文体を詳細に分析された。同写本は1591年頃ポルトガル人イエズス会士バレト(1564-1620)によって日本語学習のためにローマ字で奇跡譚、受難物語、聖人伝などが書写されたものである。その福音書朗読集は、当時流布していたラテン語聖書と、ツヴィングリの弟子によって編まれたチューリヒ版ラテン語聖書を並べて、日本宣教活動の熱心な貢献者でもあったフェリペ2世の勅許のもとで印刷された『双訳聖書』(サラマンカ版)を原本としたということを、同氏が指摘した。翻訳の際には、2種類の本文を適宜選択しながら、逐語訳を避け、より自然な日本語になるよう試みられた。とくに幸若舞の修辞法を模倣している点が着目される。一方、その文面には漢文の訓読法にラテン語文法を合わせた、同氏が「羅文訓読」と呼ぶ独自の訓釈法が見られる。同氏はこの翻訳と訓読という二つの言語体系を併せ持つ同写本の世界史的な意義を指摘された。


盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも付して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。







(文責:毛塚)

第七回シンポジウムの報告および報告要旨

去る9月17日(土)に早稲田大学において当研究所の第七回シンポジウムが開催されました。
文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業との共催でした。

全体のテーマ:「中世・ルネサンス期のイタリア政治思想への新しい視角」
New Perspectives on the Political Thought of Medieval and Renaissance Italy

プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。

司会・趣旨説明 甚野尚志(早稲田大学)



報告(1)
テオドロ・カティニス(Prof. Dr.Teodoro Katinis,ヴェネツィア大学、現ゲント大学)報告要旨
“Platonism and Its Enemies in the Political Philosophy of the Italian Renaissance”

報告(2)
石黒盛久(金沢大学)報告要旨
“From Machiavelli to Botero― La ragion di Stato(1589) and Principal Characters of Italian Political Philosophy in the late 16th Century”

コメント(1)根占献一(学習院女子大学)
コメント(2)皆川卓(山梨大学)

報告(1)
カティニス氏はイタリア・ルネサンス期の政治哲学における新プラトン主義の役割に関し、マルシリオ・フィチーノ(1433-99)のプラトンの対話に関する翻訳・註釈作品の政治的な側面に着目された。とりわけ、古代よりプラトン主義と対立関係にありながらも研究のなされていないソフィストらが再度取り上げられている点を中心に分析された。さらに、同氏は人文主義者スペローネ・スペローニ(1500-88)の3点の作品に見られるソフィスト的な修辞法を再評価し、ソフィストらが都市の利益と市民生活や政治おいて良い修辞学者とみなされていたとする。同氏は、政治哲学の歴史におけるプラトン主義とソフィストとの絶え間ない抗争、それゆえに分かち難く結びついた両者の関係に新たな光を投じたといえる。


報告(2)
石黒氏はボテーロの「国家理性」観をマキアヴェッリのそれと比較した。マキアヴェッリは無秩序から秩序を打ち立てる君主の「力量」に着目し、このような無秩序を通常の状態とみなして、「用意周到」であること以上に「果断」であることを強調した。これに対してボテーロは、世襲君主が無秩序に対して対抗しうる方法に着目した。ボテーロはマキアヴェッリの「狡知」をめぐる思想を批判し、逆に、「思慮」と「誠実」を利益追求における法―倫理的限度とみなした。発表者の結論によれば、ボテーロの「国家理性」は、主権国家の確立に専心したハプスブルクのヘゲモニーの外にある諸国家おいてよりもむしろ、イタリアの中規模国家においてこそ受け入れられたのだった。



その後、根占献一氏と皆川卓氏によりコメントをいただき、参加者からの質疑応答を交えたディスカッションとなりました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:毛塚 鈴木)


The report of the Seventh Symposium of the Institute for European Medieval and Renaissance Studies (IEMRS)
The Seventh Symposium of IEMRS was held on September 17, 2016, at Waseda University.
It was co-hosted by "MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities"of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

The main theme was:New Perspectives on the Political Thought of Medieval and Renaissance Italy

We had two guest's presentation and two commemtators.
The program was as follows:
Opening Address:
Prof. Jinno Tadashi (Waseda University, the president of IEMRS,the chairman)

Research Report1:
Prof. Dr. Teodoro Katinis (Ghent University)summary
“Platonism and Its Enemies in the Political Philosophy of the Italian Renaissance”

Research Report2:
Prof. Morihisa Ishiguro (Kanazawa University)summary
“From Machiavelli to Botero― La ragion di Stato(1589) and Principal Characters of Italian Political Philosophy in the late 16th Century”

Commentators:
Prof. Keninchi Nejime (Gakushuin Women's College)
Prof. Taku Minagawa (Yamanashi University)

Discussion


Prof. Dr. Katinis focused on the role of the Platonism in the political philosophy of the Italian Renaissance, especially, the political Platonism of Marsilio Ficino(1433-99) and his works on Plato’s dialogues, where the rebirth of ancient sophists was found. The sophists were the enemies of Platonism, yet their study has been overlooked. Ficino’s works were to be examined with particular attention to the political aspects. Moreover, the three works of Sperone Speroni(1500-88) were analyzed as a reevaluation of sophistic rhetorics, in which he claimed that sophists served the city’s interests as good rhetoricians in civil and political life. Prof. Dr. Katinis threw the new light on the consistent conflict, therefore inseparably connected relationship, between the Platonism and sophistry in the history of political philosophy.

Prof. Ishiguro compared Botero’s view of “Ragion di Stato” with Machiavelli’s. Machiavelli paid attention to the prince’s “virtù (virtue)” to establish the order from the disorder. He considered such disorder as the normal condition and emphasized the necessity for being more impetuoso (impetuous) than rispettivo (respective or careful). On the other hand, Botero paid attention to the way in which the hereditary monarch could fight against the disorder. He accused Machiavelli’s idea of astuto (cunning). In contrary, he considered prudenza (prudence) and onesto as the legal-ethical limit in case of seeking interests. By the presenter’s conclusion, Botero’s “Ragion di Stato” was accepted in the Italian middle states, rather than in the states outside the Hapsburg hegemony which concentrated on the establishment of the sovereign state.




Before the discussion, we received two valuable comments from Prof.Keninchi Nejime and Prof.Taku Minagawa.

We are grateful that we were able to exchange very productive discussions.
We would like to sincerely thank all of you.



(Mieko Kezuka, Yoshiharu Suzuki)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード