はじめに

 欧米の社会や文化のあり方の基盤はいうまでもなく、ヨーロッパの中世とルネサンスの時期に形成されたといってよい。中世とルネサンスの時期には、古典古代の文化とキリスト教の伝統が融合しつつ、ヨーロッパ独自の社会構造や行動規範が生まれ、また、ヨーロッパ文化の基層をなす哲学、文学、芸術が開花した。
 本プロジェクト研究所では、ヨーロッパの中世とルネサンスの時期に形成された、社会や文化の諸相を、ひとつの学問分野からだけではなく、歴史学、美術史、哲学、文学、西洋古典学、宗教学などの様々な分野から領域横断的に考察することで、その本質的な特徴を解明していくことを目的とする。
 本プロジェクト研究所は、欧米の著名な大学に存在する「中世・ルネサンス研究所」をモデルとしつつ(たとえばアメリカのUCLAにある「中世・ルネサンス研究所」など)、西洋文化圏ではなく東洋文化圏に属する日本ならではの、独自のヨーロッパ中世・ルネサンス研究を行う研究所として、その結果を日本のみならず世界に発信していくことを目指したい。
 本プロジェクト研究所では、そのような欧米にある「中世・ルネサンス研究所」の活動に着想をえながら、具体的な活動として、多様な専門分野の研究者による共同研究の遂行、定期的な研究会やシンポジウムの開催、また外国人研究者を交えた国際的なコロキウム、紀要などの定期刊行物の公刊、論文集の刊行などを考えている。
 とくに、本プロジェクト研究所の重要な使命は、ヨーロッパ中世・ルネサンス関係の問題を専門とする、早稲田大学に在籍する大学院生などの若手研究者を育成し、その研究活動を支援していくことである。研究会やシンポジウムにおいて、若手研究者が自身の研究成果を発表できる場を数多く作り、また、その成果を公表できる紀要や論文集を積極的に刊行していきたい。
 このような活動により本プロジェクト研究所は、早稲田大学でのヨーロッパ文化研究のひとつの拠点となることを目指すとともに、欧米の大学の「中世・ルネサンス研究所」とも密接に交流しながら、日本におけるヨーロッパ中世・ルネサンス研究の拠点となることも目指したい。

                                 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 所長
                                 甚野 尚志 (早稲田大学文学学術院教授)

早稲田大学総合研究機構 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード