第十四回研究会報告

去る11月2日(土)に当研究所の第十四回研究会が開催されました。
今回は科学研究費補助金(基盤研究(A)平成25年~28年度)プロジェクト「中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角」との共催となりました。


プログラムは以下の通りです。

報告

久木田直江 (静岡大学人文社会科学部教授)
「The Booke of Ghostly Grace―ハッケボーンのメヒティルドの霊性と中世医学―」

高津秀之(東京経済大学専任講師)
「「宗教改革百周年」の挿絵入りビラ―「図像から読み取る歴史」から「図像がつむぐ歴史」へ―」

 久木田氏は、13世紀の北ドイツ、ヘルフタ修道院の修道女だったハッケボーンのメヒティルドによるLiber specialis gratiae(『特別な恩寵の書』)を、霊的治療のテクストとして分析することで、一瞥しただけではその意味を掴み難いメヒティルドの身体的で感覚的な啓示・幻視が、同時代の「養生訓」regimen sanitatisに代表される医学知識に根差していることを示された。医療文化人類学者バイロン・グッドによれば、各々の社会は独自の仕方で疾病経験を解釈するという。中世キリスト教社会のコスモロジーでは、心身の癒しはキリストの身体への模倣、一致というかたちで示される。特にメヒティルドにとってキリストの聖心は、人々に治癒をもたらす薬箱のメタファーで表現され、薔薇の花弁にも例えられるその傷口から、十字架上で搾り取られる聖なる血=赤ワインが迸る身体の中心であり、キリストの体は、キリストとの一致=結婚の宴にふさわしい美味な食物である。ここには、キリスト教的な聖体へのデヴォーションと、ガレノスのギリシア医学に由来する体液理論が交響するありさまを見て取ることができる。心身の制御によって人格を磨き完徳へと達することは同時に、アダムとエヴァの楽園追放によって崩れた体液のバランスを節制によって回復し、完全な体液バランスを保った存在としてのキリストへと近づく道である。また、身体はキリストの体から現れるハープの幻視が示しているように、一種の楽器としても表現される。救済を示すトランペット、10のプサルテリウム、といった音楽的メタファーは、キリストの身体=楽器というアウグスティヌス以来の伝統的アナロジーを、メヒティルドが独自のやりかたによって発展させたものと考えられる。ボエティウスが示しているように、音楽は数学に根差しており、宇宙の調和である。よい音は情念を和らげる薬であり、またアヴィケンナが述べているように、良い薬を選択する際、手がかりとなるのはよい匂いであって、そしてよい匂いは生気を養う。このように、宗教-医学、身体―精神、理論ー感覚が相互に交流し、融合しあう彼女の著作の構造から、「健康の場所」としての天国のイメージを看取することができるだろう。



 マルティン・ルターが「95か条の論題」を発表した1517年から百年後の1617年、プロテスタント領邦・都市では「宗教改革百周年記念祭」が開催された。高津秀之氏は、この祝祭と関連してドイツ各地で出版された多数の挿絵入りビラを紹介し、その歴史的インパクトについて論じた。これらのビラは、ルターの卓越した人格や優れた説教の能力を称えただけでなく、彼を預言者あるいは黙示録の天使として描き出し、その生涯をキリスト教の救済史の中に位置づけた。また、ビラには修道士テッツェルが何度も登場し、彼の贖宥状販売が宗教改革を引き起こす要因となったことが示され、改革の成果は、アンチキリストである教皇の支配と誤謬からの解放として示された。さらに、別のビラには、ルターと並んでメランヒトンが登場し、彼の役割が強調されているが、その背景には当時のルター派内部におけるフィリップ派と純正ルター派の対立が存在した。
 高津氏は、これらのビラに描かれたイメージが、宗教改革史に関する情報を含むものとして「解釈」される対象であるという以上に、歴史を動かし、さらには規定するという、より能動的な機能を果たした可能性を指摘した。具体的には、この時期のビラに描かれたプロテスタントとカトリックの戦いのイメージは、ちょうど宗教改革初期における農民=カルストハンスの戦いのイメージが現実の農民戦争に転化したように、1618年の三十年戦争の開始を促した可能性を持つ。「宗教改革百周年記念祭」を機に出版された挿絵入りビラは、当時の歴史的動向に影響を与えたばかりではなく、現代の歴史教科書に典型的に見られるような「マルティン・ルターの物語」としての宗教改革に対する歴史理解をも規定したと考えられるのである。


お運びくださった皆様、ありがとうございました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも付して感謝申し上げます。

       
(文責:鈴木)

第四回シンポジウム報告

去る9月21日(土)に当研究所の第四回シンポジウムが開催されました。
プログラムは以下の通りです。

全体のテーマ:「中世地中海世界における翻訳と文化の伝承」
司会:甚野尚志(早稲田大学文学学術院教授)

報告:
高橋英海(東京大学大学院准教授)
「ギリシア語からシリア語、アラビア語への翻訳―誰が何をなぜ翻訳したのか」


岩波敦子(慶応義塾大学教授)
「地中海からピレネーを越えて 中世ヨーロッパの自然科学 知の受容と伝播」

山本芳久(東京大学大学院准教授)
「トマス・アクィナス『対異教徒大全』の意図と構造」

コメント:村上寛(早稲田大学文学学術院助手)


高橋氏は、古代末期以降、地中海地域の文化がギリシア語からシリア語、アラビア語に翻訳され中央アジアや中国にまで伝播してゆく過程を、背景の総合的な分析と具体的な史料で詳細に紹介された。シリア語は、古代のアラム語の末裔としてローマ帝国からペルシア帝国に学問を伝え、支配側のギリシア語との共存し、キリスト教言語として宗教書の翻訳を行なわれた背景を持つ。最初期の翻訳では格言や文法や農学、博物誌などの実用書が残り、学校での教科書や修道士のための著作では、知名度の低い固有名詞や異教的要素が削除されるなどの変更が加えられた。哲学書や医学書には6世紀半ばの翻訳や注解書が残り、8世紀にはシリア語を介したアラビア語への翻訳の痕跡も残る。たとえば、ガレノスの医学書を訳したセルギオスは翻訳書の献呈相手への書簡で学知の起源としてのアリストテレスを紹介している。7-8世紀、天文学や論理学などを翻訳していた修道院ではそれらの学問の起源がバビロニアであるという書簡が残されている。また、8世紀末にギリシア語からアラビア語への翻訳を依頼されたネストリウス派の人物が、正教徒や他派の修道院に対しても慎重に立ちまわりつつ書物を探してほしいと書簡に記しており、宗派を超えて各翻訳書が広まっていることが伺える。ギリシア語からアラビア語への翻訳はキンディーやフナインらを中心とする翻訳サークルが知られ、9世紀のバグダードではアリストテレス学派が形成されるほど盛んであった。翻訳の動機は宗教論争や言語、神学論との関係も考慮されるが、高橋氏はたとえばシリア語であればウマイヤ朝の官僚機構においてのシリア語キリスト教徒の役割をも視野に入れ、広く研究すべきだろうと提案された。(文責 毛塚)

岩波氏は、中世地中海世界から北ヨーロッパへと至る自然科学知の継受の問題を、内容においてよりもむしろ、諸テクストの伝播という観点から考察された。古代ギリシアからアラビア世界を経由してヨーロッパに到達した自由四科、算術、幾何学、天文学、音楽は、その翻訳の過程において、伝説や通俗的な説明とは異なり、漸次的に社会内部へと浸透していったと考えられる。しかもその道筋や進度は不均一であって、必ずしもオリジナルのテクストが伝来するわけではなく、加筆・翻案やコンピレーションの末に断片的な伝達が行われてきた。伝播経路を史料に基づいて確定することは容易ではないが、天文学のようにテクストがアストロラーベ、天球儀といった最新の器具の導入とリンクした形で伝わっている点は見逃せない。インド・アラビア数字の原型であるGhubar記号は、まずアバクス表と呼ばれる計算表に、次いで偽ボエティウス文書において幾何学と融合するかたちでテクスト内に現れるといった複雑な経緯をたどって、11世紀前半から複数の経路を経て普及し、「12世紀ルネサンス」の知的基礎を形成することとなった。インド・アラビア式計算法にしても、アラビア数字ではなくローマ数字を用いて説明している、過渡的段階を示唆するテクストが現存していることは注目すべき点である。エウクレイデスの『原論』についても、一般的なイメージとは違って、ギリシア語写本からの翻訳よりもアラビア語経由での翻訳の方がよりオリジナルに近い構成を保っているという点が指摘され、テクスト伝播の複雑さの証左となっている。もちろん、いわゆるトレドのような知的拠点の存在は無視できないが、翻訳活動は体系的なプログラム、計画に基づいて一気呵成に行われたのではなく、個々のテクストの伝来状況または個人の関心に応じてなされたと考えるべきであろう。最後に氏は、時間の都合上、本報告では十分な説明ができないことを断りつつも、イングランドの学識者による知的受容の過程を理解することが、この問題を理解するうえで大きな意味を持つことを述べられ、今後の議論の方向性に関して貴重な一石を投じられた。(文責 鈴木)


山本氏は、トマス・アクィナスの『対異教徒大全』を詳細に分析され、その執筆意図とグレコ・アラブ的な知的伝統の受容の形態とを明らかにされた。同著のイスラーム批判は部分的、表層的なものにすぎず、神の完全性や被造物の秩序などの哲学的命題を人間生来の自然的な理性(自然理性)によって論じられるかについて多く紙数が割かれている。たとえば至福について、トマスは神を直接に観る至福直観こそが人間の究極目的であるとし、富・名誉・快楽など諸事物に在る幸福を次々と否定し、人間の究極的な幸福はこの世に存在せず、被造物は神を本質的に観ることはできない、とした。この論考の基盤となるアリテレスの幸福論と知性論はアラブ世界でも継承されたが、トマスはアヴェロエスらの知性の解釈を弁証法的に吟味しながら反証しつつ、換骨奪胎して自論を再構築している。さらに「この世の後に人間が不可死の仕方で存在して真の幸福に達することができる」ことを「措定する」というアリストテレス哲学の方法論で「理性」と「信仰」とを対置させ、人間が幸福に到達しうる唯一の論理的な帰結として聖書の言葉を提示している。トマスはキリストの受肉を理性的に考え神学の学問体系に組み込ませ、神的本性と人間本性が一致する出来事の雛型として、人間存在に希望を与える点にキリストの存在意義をとらえた。それによって超自然や啓示によらない「自然理性」という神学的な議論の新機軸を確立したのである。このように同著はグレコ・アラブの異教世界を中心に展開してきた知的伝統を継承し批判を加えて受容しながら、キリスト教的な真理を再構築する試みとして解釈できる。(文責 毛塚)

シンポジウムの質疑応答においても活発な議論がなされたこともご報告し、ご参加くださった皆様に改めまして感謝申し上げます。

       

第十三回研究会報告

去る6月29日(土)に当研究所の第十三回研究会が開催されました。
今回は早稲田大学高等研究所(比較文明史エリア)との共催になりました。
プログラムは以下の通りです。

司会:益田朋幸(早稲田大学文学学術院教授)
報告者:
  坂田奈々絵(日本学術振興会特別研究、上智大学)
「12世紀のサンドニ修道院における擬ディオニシオス文書の伝統」

 久米 順子(東京外国語大学講師)
「キリスト教美術とイスラーム美術が交差するところ:中世スペインの場合」


坂田氏は、12世紀にサン・ドニ修道院の修道院長を勤めたシュジェールと5世紀の擬ディオニュシオス文書、ローマ帝政期にガリアに派遣され殉教した聖ドニとの関連性の問題を、同聖堂に残された碑文(1140、1144)や『献堂記』などの一次資料から精査された。擬ディオニシウス文書の影響を受けたシュジェールをゴシック建築様式の祖とするパノフスキーの著名な説は、その光の形而上学の神学理論と建築との関係性が不明であるため1980年代以降批判を受ける一方で、シュジェールと擬ディオニュシオスの関係性については再検討もなされている。そこで発表者は、サンドニ修道院における聖ドニ崇敬に着目した。サン・ドニ修道院が成立する7世紀以降、パリで殉教した聖ドニとアテネのディオニュシオスは同一視され、12世紀当時にはその伝統が確立していた。ラテン世界に現存した擬デュオニシオス文書は9世紀の修道院長ヒルドゥインにより翻訳、注解が作られ、同時代のエリウゲナによる再注解も残されている。その中で、擬ディオニュシオス文書は聖ドニの著作として考えられ、聖ドニを讃える賛歌のうちにも、擬ディオニュシオス文書に特徴的な概念が様々に登場する。発表者はそこに見出される「光」という用語が、擬ディオニュシオス文書の概念を踏襲しながらも、古典的なラテン世界の賛歌における「光」の使用に結び付けられているという点を指摘した。そしてこうした傾向はシュジェールの碑文における「光」という言葉の使用に共通した特徴がある、という点を示唆し、デュオニシオスの光の思想は聖ドニへの崇敬の念とともに受け継がれていったと結論された。



久米氏は中世のイベリア半島においてキリスト教とイスラームと教との接点を工芸、聖遺物、織物、建築などから多角的に取り上げ、最近の研究と豊富な現地資料を紹介された。半島南部のイスラームの支配地域アル・アンダルスが繁栄を見せた10世紀から、北部のキリスト教諸王国がレコンキスタ運動を進展させる13世紀を中心に作例を見た。著名なベアトゥス写本にはイスラームの建築などを描いたモティーフやクーフィック文字による装飾などが残るが、これはイスラーム治下のキリスト教徒モサラベが北部キリスト教国に再入植したものないしそれらを反映したものと考えられる。このほか、たとえば13世紀の北部ラス・ウェルガス修道院に保存されているイスラー ムの刺繍入り軍旗など戦利品として奪った品もあれば、クリスタルやカットグラス、象牙細工、多量の織物や陶器など、イスラーム諸国からキリスト教国への贈答品だったものもある。イスラームの精巧な工芸品はキリスト教の修道院の宝物や聖遺物入れに転用されるなど、異文化の美術品が珍重される下地があったことがうかがえる。また、キリスト教支配下のムスリムたちによるムデハルの美術も紹介し、とくに石材ではなく煉瓦と木材を使用するムデハル建築はロマネスクやゴシック、ルネサンスの各様式と融合して広く発展したことを指摘された。また、トレドのキリスト教教会に改装されたモスクなどのアラビア文字装飾や、アラビア文字でつづられた外国語アルハミアなど語学の相互浸透の問題にも触れた。二つの美術の関わりの複雑な背景と多様性、そして今後の研究への問題点も提示された。



お運びくださった皆様、ありがとうございました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも付して感謝申し上げます。

       
(文責:毛塚)

第十二回研究会報告

去る4月20日に早稲田大学にて当研究所の第十二回研究会が開催されました。
プログラムは以下の通りです。

日時:2013年4月20日(土)14時から17時30分
場所:早稲田大学戸山キャンパス36号館681教室
全体のテーマ:「リヴァイヴァル―ヨーロッパ文化における再生と革新」

報告者:
「後期ビザンティン聖堂(13~15C)におけるプラティテラ型聖母子像」
菅原裕文(早稲田大学非常勤講師)

「写本学 (codicologie)とリヴァイヴァル」
西間木真(ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所招聘研究員)12-1.jpg


12-0.jpg菅原氏は、小アジア、キプロス、バルカン南部に及ぶご自身のフィールドワークを映像資料によって紹介しつつ、13世紀から15世紀にかけて同地域の主に小聖堂において、アプシス装飾に「プラティテラ型」と呼ばれる聖母子像の類型が顕著に増加することを指摘した。ビザンティンにおけるアプシス装飾では、初期の顕現図像から中期以降の聖母子像への変遷が認められるが、これにはイコノクラスム期に聖像の製作が神の受肉の証として擁護されたため、旧約的な再臨の主題が後退した影響を指摘しうる。とりわけプラティテラ型聖母子像では、オランスの姿勢で描かれ寄進者への加護を含意するプラケルニティッサ型の聖母に、インマヌイルが重なるかたちでしばしば正面のメダイヨン内に配置され、受肉の含意が強調されている。受肉の含意はアカティストス讃歌第3連を想起させる銘文が添えられている作例からも裏付けられる。加えて左右に吊り香炉を持って控える大天使を伴うパターンも存在し、プラティテラ型聖母子像はいわばモティーフの「オール・イン・ワン」的な様相を呈している。これは後期ビザンティンにおいて、小規模な寄進による聖堂の小型化と同時に、十二大祭サイクルに連続説話サイクルを加え、新たな図像が挿入されるような、装飾プログラムの多層化、複雑化という矛盾した傾向が進行しており、この状況において小さな壁面に可能な限り多くの情報を盛り込む手法が要求された結果であると考えられる。



西間木氏は、ヨーロッパにおける写本学の現状を、特に史料の喪失と復元への努力という観点から論じられた。戦災によって文書館が甚大な損害を被ったカンブレーやシャルトルでは、戦前に撮影されたマイクロフィルム、一部現存する被災史料などを駆使して回復への努力が現在も続けられている。宗教戦争、フランス革命、二度にわたる大戦によって大部分の写本を喪失したフランスでは決して容易なことではないが、各文書館所蔵資料の照会や市民の私的に所有する写本調査、上書きのため削られた写本への科学的アプローチ、革命以前の写本リスト調査、写本断片の復元など、多くの手段を組み合わせることで、一定の成果が上がっている。氏は特に、自ら研究対象とされている写本BnF, lat.7211を例に挙げて写本学の可能性を示された。本写本は複数のlibellusを合本したものであり、それらはかつてリュクスイユにおいて作成されたと言われていたが、今日では少なくとも一部は南西フランスにおいて書かれたことが判明している。にもかかわらず本写本とBnF, lat.7212の類似性をもとに、7212から7211へのコピーを推定したリュクスイユ起源説にはなお検討に値する部分が存在している。字体、内容の欠落、誤記、写本自体の綴じ込み形態などについての複合的な精査により、実は両写本が共に、現在では失われた未知の写本一部ないしは複数から生まれたコピーであることが判明した。写本学は現在知られていないものの再生を成し遂げるという点でまさにリヴァイヴァルの学問なのである。
12-2.jpg


お運びくださった皆様、ありがとうございました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも付して感謝申し上げます。
       
(文責:鈴木)

第十一回研究会報告

去る11月3日に早稲田大学にて当研究所の第十一回研究会が開催されました。
プログラムは以下の通りです。
全体のテーマ:「リヴァイヴァル―ヨーロッパ文化における再生と革新」

報告者:
 伊藤 怜(早稲田大学大学院博士課程)
 11・12世紀ラツィオ美術における「再生」

藤井明彦(早稲田大学文学学術院教授)
 ドイツ初期印刷本の世界 ─ メディア史・言語史・芸術史の接点を探る


伊藤氏は、11世紀末トゥスカーニアのサン・ピエトロ旧司教座聖堂の壁画研究の背景として、11-12世紀のローマ文化圏、ラツィオ地方に残る聖堂壁画を紹介された。同聖堂のアプシス(1971年の地震により崩落)には、現存資料によれば、キリストを礼賛する天使が8体配されており、この点は類例が乏しいため同主題の広範な調査が必要である。そもそも、12世紀初頭のローマでの聖堂装飾研究においては、トゥベールにより初期キリスト教時代の美術の「再生(レノヴァティオ)」が論じられていた。グレゴリウス改革の一貫として美術も使徒たちの時代、初期キリスト教時代に回帰したという議論である。一方、モンテ・カッシーノに着目したキッツィンガーは、美術はむしろキリスト教の勝利の時代、コンスタンティヌス帝以降を目指したと論じ、ガンドゥルフォは古代趣味と教会改革を同一に論じることへの反論を唱えるなど、先行研究では歴史的な枠組みで美術の「再生」が論じられたが、実際の作品は多岐に渡り、これらの方法論そのものが検討されるべきである。以上を踏まえたうえで、伊藤氏は5世紀から12世紀末に渡るラツィオ地方の「天使の礼讃」図像作例を紹介された。

藤井氏は、15世紀の印刷都市アウクスブルク最初の印刷業者ギュンター・ツァイナーの工房より刊行された18点のドイツ語印刷本を、同時代の手写本と比較し詳細に分析され、書記法の集約的な傾向を発見された。報告では、印刷本において書記法の集約が生まれた背景を建築思想や木版挿絵という芸術史に求めた。例えば井上充夫はタゴベルト・フライの理論を引いて、ゴシック期からルネサンス期の建築空間の展開を論じているが、藤井氏によればゴシック期の空間の「部分継時把握」は手写本に、ルネサンス期の「全体同時把握」は活版印刷本に対応しうるものである。報告では書記法と芸術史との接点の例として、アウクスブルクで版を重ねた各印刷工房による『聖人たちの生涯(夏の部)』12点を分析された。木版挿絵に見られる「同存表現」、「正面表現」などの中世的な特徴(ウスペンスキーによる)は1480年代の版では「拡大表現」を僅かに残して姿を消し、その後は背景が加えられるなどの変化を見せた。書記法はその1480年代にやや乱れるものの、1500年前後の数年間にきわめて集約される。その後1510年代にかけて非集約的な書記体が明らかに増加する。同時期にはページ上の版面のレイアウトの崩れなども指摘され、マニエリスム的な表現の逸脱をも想起させる。時代の転換期において活版印刷本(メディア)と言語、芸術の変化の波が交差する一面を伺うことができた。


お運びくださった皆様、ありがとうございました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも付して感謝申し上げます。            (文責:毛塚)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード