FC2ブログ

第九回シンポジウムの報告と報告要旨

去る2018年9月22日に早稲田大学において、当研究所の第九回シンポジウムが開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。





プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

タイトル:「ルネサンス期ヨーロッパにおける魔女表象と社会の変容」

  司会:高津秀之 (東京経済大学准教授)

  報告1: 黒川正剛 (太成学院大学教授)
「変容する魔女表象―身体と感情をめぐって」報告要旨(pdf)

  報告2: 田島篤史(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
「帝国都市ニュルンベルクの魔女裁判にみる悪魔学的要素と萌芽的近代性」報告要旨(pdf)

  報告3: 小林繁子 (新潟大学准教授)
「名誉をめぐる攻防―「魔女」の名誉棄損訴訟と司法利用の戦略」報告要旨(pdf)


黒川氏は、魔女狩りが行われた15世紀から17世紀に制作され流布した魔女の図像を身体・感情表現を含む多義的な「表象」として詳細に分析された。魔女狩りが始まった1480-90年代に作成された木版画に描かれた魔術や変身を行う魔女の図像は、魔女のイメージの原型となり、16世紀前半にはデューラーやバルドゥングらの画家によっても引き継がれ、魔女のステレオタイプを形成していく。1560年代以降、魔女狩りが激化するとともに図像も増え、魔女に対する恐怖や嫌悪の感情が社会的に共有されていったと考えられる。版画、素描、絵画、とりわけ悪魔学書やビラなどの印刷物に挿絵として付され広まった魔女の図像は、文字が読めない人々にさえも魔女の実在を確信させるものであった。氏は、具体的な魔女の図像、箒と棒に跨がり空中飛行をしたり、雄山羊を崇拝したり、サバトに集まるといったステレオタイプの視覚イメージが当時の社会に与えた影響は、身体史や心性史、感情史の研究で語られるべきテーマであると指摘された。






田島氏は、魔女をめぐる「表象=悪魔学(書)」と「実践=魔女裁判」との関連について検討を加えられた。従来の歴史叙述では、15世紀後半の異端審問官H. インスティトーリスの『魔女への鉄槌』が、魔女のステレオタイプを確立し、魔女裁判の激化を引き起こしたと語られるが、氏は、悪魔学の隆盛と裁判の増加との間に単純な因果関係を設定することは実証的な根拠に欠けると指摘する。帝国都市ニュルンベルクでは『鉄槌』の製作年が魔女裁判の経過の重要な画期とは重ならず、むしろカロリーナの発布(1532年)を契機とした法と裁判手続きの近代化が重要視される。悪魔学書の影響は、判決に至る審理や自白の過程にまず現れ、次いで市参事会の発布した俗語の法令が印刷メディアを通じて広く周知されたことで、魔術的慣習が刑罰の対象となると認識され、民衆の魔女・魔術のイメージが変化していった。「表象」と「実践」との関係は、長期の、より複雑な社会の「近代化」過程において理解されなければならないと氏は結論する。





小林氏は、魔女中傷に対する名誉裁判訴訟を司法の利用という観点から検討された。魔女中傷に対しては慣習法に基づく簡易的裁判においても、比較的高額な罰金が中傷者に科せられていた。これに対し、学識法に則る名誉棄損訴訟は原告と被告双方に弁明の機会があり、賠償や刑罰が科される裁判制度であった。氏はこの制度が具体的にどのような利用をされていたか、17世紀の北西ドイツのヴェストファーレン公領の小貴族と裕福な農民との裁判記録をもとに詳細に分析された。事例では原告と被告双方の主張が応酬され、魔女犯罪の告発の他に、日常的な諍いや法廷外での衝突があり、被告は敗訴しながらも上告し続け、第三審の判決前に和解が成立していた。名誉棄損訴訟は、法の専門的知識を持つ弁護人の準備や証人への聴取など費用と時間を要するが、それを負担しうる人々にとっては、和解を含む主体的な解決を可能にする選択肢であり 、制度の複雑さ・未確立がそれを可能にしていたと指摘された。





報告後、会場からの質問を交えたディスカッションが行われました。





盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:鈴木・毛塚)

第九回シンポジウムのお知らせ

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第九回シンポジウムのお知らせをいたします。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催になります。

日時:2018年9月22日(土)14:00~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室

タイトル:「ルネサンス期ヨーロッパにおける魔女表象と社会の変容」

  司会:高津秀之 (東京経済大学准教授)

  報告1: 黒川正剛 (太成学院大学教授)
「変容する魔女表象―身体と感情をめぐって」

  報告2: 田島篤史(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
「帝国都市ニュルンベルクの魔女裁判にみる悪魔学的要素と萌芽的近代性」

  報告3: 小林繁子 (新潟大学准教授)
「名誉をめぐる攻防―「魔女」の名誉棄損訴訟と司法利用の戦略」

皆様のご参加をお待ちしております。
変更、追加等がありましたら改めてお知らせいたします。

**ポスター掲示にご協力くださる方は以下よりダウンロードしてお使いください。
高等研究所ポスター(PDFファイル)

第二十五回研究会の報告および報告要旨

去る2018年5月12日に早稲田大学において、当研究所の第二十五回研究会が開催されました。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催でした。





プログラムおよび報告要旨は以下の通りです。
お名前隣のPDF版のテキストリンクに要旨記事を掲載しております。

全体のテーマ
「中世スペインの王権と宗教的マイノリティー」

報告者
久米 順子(東京外国語大学 准教授)報告要旨(pdf)

タイトル
「カトリック王と宗教的マイノリティ集団:写本挿絵にみるカスティーリャ王国アルフォンソ10世とその宮廷」

コメンテーター
黒田祐我(神奈川大学准教授)

久米氏は、13世紀のカスティーリャ王アルフォンソ10世が制作させた写本挿絵に、宗教的マイノリティ集団(ムスリムとユダヤ)がどのように描かれているかを考察された。多数の挿絵を含む《聖母マリア詞華集》においては、ムスリムは裏切り者として、ユダヤ教徒は不信心者として描かれることが多いが、キリスト教徒にとって「よき」異教徒も現れる。ムスリムの王の扱いは、キリスト教諸国の王と同列である。異教徒同士がゲームに興じる挿絵で著名な《チェス、さいころ、盤上ゲームの書》写本においては、実際にゲームで対峙するのは同一のグループに属する者同士が多く、勝負は社会的なヒエラルキーに従いがちであることがわかる。ムスリムやユダヤ教徒の容貌と装いは多様だが、ターバンや帽子、髭や靴などがキリスト教徒とは異なる傾向がある。 彼ら宗教的マイノリティ集団の多彩な描写にはアルフォンソ10世の宮廷の現実と宗教的イデオロギーが同時に反映されていることが明らかである。




この報告に対し、黒田氏よりコメントが出された。黒田氏は、アルフォンソ10世の治世期におけるカスティーリャ王国社会を概観するにあたって、王国の再編成と北アフリカへの拡大を実施した初期、神聖ローマ皇帝への立候補を目論んた中期、そして王国の内戦に翻弄された後期という三時期に分割して考察することの重要性を強調された。そして、王の対ムスリム政策には現実的な側面もあり、辺境(フロンティア)の国王として教会や教皇庁の理念とは一線を画していることを指摘された。

報告後、会場からの質問を交えたディスカッションが行われました。
盛況であり、また活発な質疑応答がなされたことも記して感謝申し上げます。
お運びくださった皆様、ありがとうございました。

(文責:鈴木・毛塚)

第二十五回研究会のお知らせ

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所第二十五回研究会のお知らせをいたします。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催となります。

全体のテーマ
「中世スペインの王権と宗教的マイノリティー」

2018年5月12日(土) 14時から17時
場所:戸山キャンパス39号館5階第五会議室

報告者
久米 順子(東京外国語大学 准教授)
タイトル
「カトリック王と宗教的マイノリティ集団:写本挿絵にみるカスティーリャ王国アルフォンソ10世と
その宮廷」

コメンテーター
黒田祐我(神奈川大学准教授)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

**チラシ掲示にご協力くださる方は以下よりダウンロードしてお使いください。
簡易チラシ(A4,PDFファイル)




紀要『エクフラシス』第八号 刊行のお知らせ

2018年3月、紀要『エクフラシス』第八号が刊行されました。執筆者は以下の通りです(掲載順)。

甚野尚志、本庄有紀、白川太郎、高津秀之、長尾天、三浦清美、林賢治、毛塚実江子、大塚正太郎、
岸田菜摘

なお、今号より電子ジャーナルとしてweb上でのPDF配布となりました。下のリンクよりダウンロードください。 
 『エクフラシス』第八号

[編集後記]より
  『エクフラシス』の第八号をお送りします。なお本号から大きな変化がありました。それは従来のように紙媒体ではなく、電子ジャーナルとして刊行することになったことです。
 電子ジャーナル化については今年度、研究所として多くの議論を重ねましたが、最終的に経費節約の点からだけでなく、より多くの研究者が参照できる紀要として存続させるためにも、電子ジャーナルへの移行がよいという結論に達しました。
 これで従来よりも自由に、論文以外の様々な類型の投稿(史料紹介、調査報告など)を掲載することが可能になります。また掲載された論文も、多くの関心のある研究者が即座に閲覧することができます。人文学もグローバル化の時代なので、今後、英語など欧文での掲載論文が増えれば、海外からの反響も期待できるでしょう。『エクフラシス』の電子ジャーナル化は「ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所」の活動にとり新しい一歩となるに違いありません。
 今年も『エクフラシス』では様々な学問領域に関して時代も中世から20 世紀までにわたる論考を所収することができました。今後とも学際的な視野から「ヨーロッパ文化研究」を発信していく紀要として継続して行きたいと思います。(甚野尚志)
プロフィール

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

Author:ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所
ブログ管理者への連絡は上記のアドレスにお願いします。
当ブログのURLは以下です。
http://iemrs.blog111.fc2.com/
当研究会のホームページURLは以下です。
http://www.waseda.jp/prj-iemrs/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード